鋼製ドアを自動ドアへ

上田市 某工場



非常に重い鋼製建具を直す事にしました。

工場や倉庫でよく見かけるスチールのハンガー引戸です。
お客様が快適に使えるように、
自動ドアにする事になりました。

施工が難しい為か、何社かの発注は断られたそうですが、
そんな時こそ 東信日軽にお任せ下さい。


引き摺りながら開閉する鋼製ハンガー引戸を、
アルミ建具の自動ドアにします。
 
既存のレールと建具を取外し、開口部分はそのままで、
長年の経験と技術で1日かからず、作業終了です。

直接工場に面している開口部分、
誤感知・誤作動による冷暖房の排出を防ぐ為、
センサーの切り替えスイッチを設置。
センサーの感知範囲を冬季はオフに、夏季はオンに出来ます。
無暗に開けたくない時は手かざしでドアを開けられます。
 
内側も同様に、台車による運搬時などの、
誤作動による開放を防ぐ為、
感知範囲の切り替えスイッチ付です。



自動ドアの修理から、一般的なサッシを自動ドアにしたり、
ただの開口部分に自動ドアを取付ける工事も他のページで紹介していますので、
ご覧になり是非ご相談下さい。